目の下たるみ対策で実績のある手技やスキンケア情報を集めました。

目の下のたるみで損していませんか?対策はあるんです!

目の下のたるみをすっきり解消するには

目の下のたるみを解消して実年齢よりも若々しく魅せるための情報を紹介しています。

『老化は目の周りからやってくる』という言葉を知っていますか?

眼瞼(まぶた)や目の下のたるみを感じてきたら、顔のお肌がたるんできたサインかもしれません。目元がたるんでくると、印象は実際の年齢よりも老けて見られてしまうので、女性にとっては非常にもったいないのですし、悩んでいる方も多いようです。

見た目年齢をマイナス10歳に見せるためにも、目の下のたるみの原因を知り、現状を判断し、正しいエクササイズやスキンケア法を身につけていきましょう。

目の下がたるむ本当の原因

目の下のたるみを気にする女性

目の下がたるむ本当の原因はなんなのかご存じでしょうか?

目の下にたるみがあると老けて見られてしまいます。口元のたるみ同様、見た目の印象を決定してしまうポイントですから目の下のたるみは気を付けてケアをしていきたい部分なのです。

では、目の下のたるみの原因は何なのでしょうか。変化の鍵となる目の下のたるみとなる原因を見ていきましょう。日頃普通に行っていることも目の下のたるみの原因となっているのです。

加齢による目の下のたるみ

中年女性と若い女性における目の下のたるみの比較

加齢ですとか紫外線により皮膚の弾力が下がることが目の下がたるむ症状の原因となります。

皮膚というのは、筋肉、皮下脂肪、表皮があるので維持されていますが、紫外線(特にUV-A波)の影響でこれらのバランスが崩れるのです。

筋肉、皮下脂肪、表皮の中で一番多くある表皮を作っている、コラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチンなどが減少してくることで、皮膚の弾力がなくなり、目の下の皮膚のハリが失われることによって、抑えきれなくなった眼窩脂肪や老廃物が突出してしまうことが目の下のたるみの原因となるのです。

また、目の下の皮膚が痩せることにより(皮膚痩せ)、青クマや黒クマの原因にもなるのです。

さらに、表情筋の衰えもたるみの原因の1つです。寝ている時間以外は重力で下に引っ張られます。その力を支えられなくなると目の下のたるむ原因となってしまうのです。

誤ったスキンケアによる目の下のたるみ

スキンケアの誤りでお肌にダメージを受けた女性

目の周りは非常にデリケートな部分なので、過ったスキンケアをすると目の下のたるみの原因となってしまいます。

アイメイクを落とす際、ついついゴシゴシと洗ってしまいがちですが、これはやってはいけないスキンケア方法なのです。

オイルタイプのクレンジングは洗浄力が強くアイメイクもしっかり落ちます。しかし、界面活性剤が入ったクレンジングは刺激が強いので、皮膚の角質や保湿成分までも洗い流してしまい、目の下のたるみをや赤み、色素沈着を作る原因となってしまうのです。

お湯で落ちるマスカラに変える、長時間ゴシゴシこすらないといった方法でデリケートな目元は労わると良いでしょう。

オイルクレンジングよりもミルクタイプの方がお肌には優しくできています。

人の皮膚は古い角質が汚れと共に自然と落ちるので、多少の汚れは気にしなくても大丈夫なのです。いろいろ工夫して原因を1つでも減らしていきましょう。

生活習慣(食生活含む)による目の下のたるみ

生活習慣も目の下のたるみの原因となります。

寝不足が原因となる目の下のたるみ

睡眠不足で居眠りをしている女性

女性に多い寝不足は、血行が悪くなるので目の下に老廃物を作ってしまい、それが目の下のたるみの原因となるのです。質の悪い眠りは、カフェインのとりすぎ、就寝前にスマホやパソコンを見ていることで、脳が興奮状態になってしまうことも原因です。寝る前はスマホを見ない、カフェインの入っていない飲み物を夕方以降はとるようにしてみてはいかがでしょうか。

またパソコンやスマホも目の下のたるみの原因になります。

デスクワークの方や趣味でパソコン、スマホをいじる方も多いと思いますが、これらは表情筋が衰えます。パソコンを触っている時の自分を思い浮かべると、まばたきも少なくなり表情筋もほとんど動いていない事に気が付くでしょう。

筋肉は使わないとどんどん衰えていきます。眼精疲労も目の下のたるみとなり、老け顔になってしまう原因なのです。

コンタクトレンズの長時間の装着にも気を付けていきましょう。

お酒とたばこが原因による目の下のたるみ

飲酒、喫煙が習慣の女性

それから、お酒とたばこも気をつけなければいけません。

一見目の下のたるみの原因とは無関係に見えますが、そんなことはありません。お酒を飲むと顔がむくみませんか?

このむくみが目の下のたるみの原因となってしまうのです。むくみをしっかりケアしていけばいいのですが、ケアしないで放置してしまうとむくみがたるみとなってしまいます。

若い頃はお酒を飲でもむくむこともなかったかもしれませんが、年齢が上がるにつれて気をつけなければなりません。お酒もほどほどが大事なのです。

またタバコは、お肌に必要なコラーゲン、エラスチンを壊していきます。これによりお肌がいい状態ではなくなり、目の下のたるみを作ってしまうのです。

食生活が原因によるたるみ

深夜にラーメンを食べる女性

食生活もとても大切です。目の下のたるみができてしまうことの原因には栄養が偏った食生活もあります。外食しがち、コンビニ弁当を頻繁にとる食習慣だとミネラル、ビタミン類が不足します。

ミネラル、ビタミン類は目の下にたるみをつくらない為に大切な栄養素なのです。とくにビタミン類はお肌をきれいに保つのには欠かす事のできない栄養素です。

目の下のたるみをつくらないためにはしっかりとした食生活を見直す必要があるでしょう。

メンタル的原因によるたるみ

ストレスで体調を崩す女性

ストレス社会なので、多かれ少なかれみんなストレスを抱えていると思います。精神的な不安は神経機能の働きを鈍らせてしまいます。それにより、お肌の調子もわるくなるので、目の下のたるみの原因となるのです。

ストレスを0(ゼロ)にすることは不可能なので、少しでも軽減したり解消できる方法をみつけたいですね。

健康上の問題によるたるみ

アレルギーで体調を崩す女性

目の下のたるみの原因の1つに花粉症等のアレルギーも考えられます。

目がかゆい!これは、我慢ができずについ掻いてしまいませんか?目をこすると、角質がはがれて目元のバリアがはがれてしまいます。

そうなると、乾燥の原因となり、目元のハリが減少、目の下のたるみとつながるのです。

ねこぜが原因によるたるみ

猫背の女性

ねこぜは目の下のたるみに直接は関係のないように見える姿勢も実は目の下のたるみの原因と関係があるのです。

日本人は猫背が多いというデーターがあるのですが、猫背になると顔の皮膚が重力で下に下がっていきます。

目の下のたるみの原因はもちろん口元のたるみの原因ともなるので、自分の姿勢には気を付けていきたいです。

これらのことが原因となるので、現状をしっかりと判断して老け顔にならないように目の下のたるみを作らない予防の生活を意識していきましょう。

目の下のたるみを解消する方法

目の下のたるみを即効解消するにはクリニックなどで美容外科にて若返りの整形手術を受けるという方法があります。最近では男性も受ける方が増えているようです。大きく分けて、皮膚を切る手術と切らない手術がありますが、一例を挙げると、下まぶたの裏側を切開して眼窩脂肪を脱脂して除去し、リポトランスファーという術式により生着しやすくした脂肪を注射で注入し高さと頬との段差を整えるように形成して、弛んだ皮膚を治療することによってハリを取り戻すということもできるのす。

ダウンタイムについても、ほとんどない術式から1ヶ月程度で手術痕もわからなくなるようなものまでありますので、ご自身の目元の状態をしっかり診察してもらい、手術方法の説明や症例実績で仕上がりを確認した上で納得いく治療法を選ぶことが大切です。

しかし、美容整形に対する不安などで抵抗があるのでしたら、エステティックサロンのフェイシャル施術という方法もあります。また、金銭面の負担をかけたくないのであれば、自分でできるスキンケアやエクササイズ、あるいはツボなどのマッサージで少しずつ改善していく方法もあります。

それでは目の下のたるみに効果的なエクササイズから紹介していきますね。

目の下のたるみを解消するエクササイズ

眼輪筋

目の下のたるみの原因は眼輪筋の衰えが原因です。眼輪筋をしっかりと鍛えてリフトアップし、目の下のたるみを解消させていきましょう。

目の下のたるみを解消する美顔マッサージのような方法はいろいろありあすが有名なものは、整顔マッサージとフェイササイズという手法がありますのでご紹介します。 どちらも目の下のたるみばかりでなく、顔のたるみを解消してくれる美顔ケアです。

整顔マッサージ

整顔マッサージの本

整顔マッサージとはぐるぐる押して10歳若返るというものです。

ポイントは顔をほぐすということで、道具や化粧品を使わずに自分の指先のマッサージのみで、目の下のたるみやシワを解消していきます。

基本の方法は、押す、もみほぐす、引き上げるというものです。

押すことで、まず顔の血行がよくなります。そして、もみほぐすと硬くなった筋肉が柔らかくなってくるのです。それによりお肌がどんどん柔らかくなってきます。

最後に引き上げると、顔全体のリフトアップをします。

目の下のたるみもこの3つの工程でしっかり解消するというわけです。このマッサージをメイク前にやることで、目の下のたるみが解消してすっきりとした顔になります。

慣れると5分ほどでできるので、毎朝とりいれるのも良いでしょう。

フェイササイズ

フェイササイズの本

そしてもう1つの方法は、フェイササイズという手法です。これも目の下のたるみ解消に効果があります。

フェイササイズとは顔面体操のことです。整顔マッサージ同様お金もかからずに目の下のたるみを解消できる方法なのです。

フェイササイズの注意点は1度に長時間やらないことです。長時間やると皮膚が伸びて逆効果になってしまうからです。短時間でフェイササイズはできる目の下のたるみ解消法といえます。

眼輪筋を強化することで目の下を引き締めて、たるみを解消します。目元がひきしまるので老け顔の解消になります。

目の下のたるみに良いフェイササイズはいくつかありますが、1番簡単な方法をご紹介しますね。

  1. 中指を目じりに、人差し指を目頭に置きます。
  2. 少し上を見て、目の下をギュッと縮めてまぶしい目をします。
  3. 下まぶたを縮める伸ばすというのを、10回繰り返します。
  4. そのまままぶしい目をしながら少し上を見上げた状態を40秒キープします。

フェイササイズのポイントは良い姿勢でやるということです。

この方法なら簡単なので忙しい方も毎日できるのではないでしょうか?

目の下のたるみ解消にはフェイササイズがおすすめです。

整顔マッサージとフェイササイズもとても簡単に目の下のたるみを解消できる方法です。なによりも高いお金をかけず自分の手でできるのが嬉しいですね。

目の下のたるみを解消するスキンケア

スキンケアで若々しい目元の女性

目の下、目の上といった目の周辺というのは皮膚が薄く非常にデリケートな構造となっています。自分では良いと思っていたスキンケア方法も実は目の下のたるみの原因となっている場合もあるのです。

ここでは目の下のたるみを解消するスキンケア方法、そして目の下にたるみを作ってしまう誤ったスキンケアについて書いていきます。

間違ったスキンケア方法をしている場合でも今日から改善すれば、目の下のたるみを解消することは可能です。

たるみに乾燥はとてもいけないことなので、乾燥を解消していきましょう。

クレンジング

目の下の皮膚をいたわる正しいクレンジング

目の下にたるみができる原因の一つに誤ったクレンジングのし過ぎや強い成分のクレンジングを使用することが原因となっている場合があります。

目の周りは、皮膚が薄いのにもかかわらず摩擦が多い部分なのです。アイメイクをしてクレンジングで落とすときにゴシゴシこすりますよね?

これが目の下のたるみの原因となってしまうのです。

けれどもこすらないとアイメイクは落とせません。では、正しいクレンジング方法でそれを解消していきましょう。

メイクを落とす際にゴシゴシこすらないためには、お湯で落ちるマスカラを使うのはいかがでしょうか。水では落ちないのに、お湯で簡単に落とせるマスカラが今は大人気なのです。

そうすると、こすらなければいけないという状況を解消できます。

ついつい気合をいれてアイメイクが濃くなってしまいますが、これならば強いクレンジング剤でこすらなくて済むので、目の下のたるみの解消となります。

オイルタイプのクレンジングはメイクも落ちやすいのですが、界面活性剤が配合されています。

界面活性剤はメイクと共に肌の角質や保湿成分をも洗い流してしまいます。保湿がなくなると目の下は乾燥するのでたるみの原因となってしまうのです。

お肌に優しいミルククレンジングはメイクがしっかり落ちないのでは?と思いますが、肌は古い角質が汚れとともに落ちるようになっているので、そこまで神経質になる必要はありません。

目の下のたるみを解消するにはまずクレンジングを見直しましょう。

洗顔

目の下の皮膚にダメージを与えない正しい洗顔

クレンジング同様洗顔も目の下のたるみ解消には大切な事なのです。

夜にクレンジングをして顔はすっきりしますが、朝はみなさんどうしているのでしょうか?

寝ている間にも汗をかくのでしっかり洗顔している方もいるとは思いますが、目の下のたるみ解消の話から言うと、朝はぬるま湯で洗うことで十分なのです。

洗顔フォームを使うとお肌が乾燥してしまいます。乾燥すると目の下のたるみへとつながります。

どうしてもさっぱりと洗いたい方には弱酸性のものがお肌に優しくておすすめです。

目の下のたるみ解消としては朝はぬるま湯で洗い、タオルでこすりすぎないことが大切です。

保湿

目の下を部分パックで保湿する女性

目の下のたるみ解消法として欠かす事のできないことは保湿です。なぜならば乾燥が目の下のたるみの敵だからです。

目の周りはあまり化粧水を付けない方がいいのかな?と考えている方も多くいますが、実は逆なのです。

目の上や目の下は皮膚が薄くて乾燥しやすい部分です。目の下のたるみを解消するのであれば乾燥しないように、しっかりと保湿しましょう。

目の周りの中でも目の下は特に保湿が必要な部分です。目の下の部分パックも、目の下のたるみ解消にはすごくおすすめです。

ドラックストアでも部分用のシートが売られているので、それに化粧水をしみこませて目の下にはるとたるみの解消、乾燥の解消が手軽にできますよ。

乾燥を解消してくれる成分はヒアルロン酸やプロテオグリガンです。

ヒアルロン酸以上の保水力ということで、プロテオグリガンは今注目されていますので、それが入った化粧水をしようするのもたるみ解消、乾燥解消には良いでしょう。

目の下のたるみ解消に効果的な成分

お顔全体のハリを与えるパックをする女性

目の下にたるみができてしまっても上記のようなスキンケア方法で解消することは可能です。

誤ったスキンケア方法をしてしまった方も、今日から改善することで、目の下のたるみはしっかり解消できます。

お肌にハリを与えて、目の下のたるみを解消できる成分をご紹介します。

・コラーゲン

プルプルとしたゼリーのようなもので、たんぱく質の一種です。

お肌の水分を逃さないようにしてくれるので、肌を乾燥から守ってカサカサを解消してくれます。

年齢と共にコラーゲンは減少しますので、スキンケア等で補いコラーゲン不足を解消しましょう。

コラーゲンが不足するとハリを失い乾燥して、目の下のたるみへとつながってしまいます。

・エラスチン

コラーゲンを繋ぐ役割をもったたんぱく質です。コラーゲンがいくらあってもエラスチンが不足してしまうと、お肌に弾力をもたせることができなくなります。

こちらも年齢と共に、そして紫外線を浴びると減ってしまうので紫外線対策をしっかりしてエラスチンの減少を抑えていくことが大切です。

お肌の乾燥の解消には欠かす事のできない成分です。

・ヒアルロン酸

皮膚の保湿に欠かせない成分です。ヒアルロン酸が不足してしまうとお肌の水分がすぐに蒸発してしまいます。

化粧品の多くにヒアルロン酸は配合されているので、それを使って皮膚の乾燥を解消していきましょう。

ヒアルロン酸不足になるとハリがなくなりたるみが出てきますし、かゆみもでてきてしまいます。

目の下のたるみ解消にも効果的だと評判のアイキララとは

目の下専用アイクリームのアイキララ

アイキララは、目の下専用のアイクリームです。目の下の悩みを解消するために1日2回洗顔後の綺麗になったお肌に使います。

化粧水をした後に指の腹でトントンとなじませてから、目頭から目尻にかけて伸ばしていきます。

その後に乳液を顔全体に塗ってふたをして終わりです。

目の下のたるみは皮膚がハリを失って目の下の色素が見えてしまっている状態なので、それを根本から解決してくれるのがアイキララです。

コンシーラーのように外側からくまやたるみを隠すのではなく、皮膚痩せに着目し内側からアプローチします。

アイキララが目の下のお肌にハリを取り戻す仕組み

ビタミンC誘導体の一種であるMGAという成分が、失われたハリを覚醒させます。また、ビタミンKでハリをなくした目元にアプローチ。

このようにアイキララでハリが回復するので、皮膚痩せを解消してふっくらとした皮膚にさせてくれます。

アイキララは使用後も全額返金してくれるので、安心して買うことのできる商品となっていて、使っている人の80%が満足しています。

このページのまとめ

目の下のたるみ解消法のまとめ

目の下のたるみの悩みのせいで実年齢よりも老けて見えてしまうのは、とても悔しいことだと思いませんか?

生活習慣や原因を判断して見直していくことで、目の下のたるみを解消して若く魅せられることは不可能ではありません。

何気なくやってしまっている誤ったスキンケア方法にも注意していきたいです。

簡単なマッサージを取り入れる、アイキララを使うといった方法が変化のために効果的なのです。

決して難しいことではないので、これらを取り入れて、見た目年齢マイナス10歳を目指していきましょう。

アイキララ お試しはこちら(ovl)