目の下のたるんだ皮膚にハリを与えるエステの施術方法

目の下のたるみをケアするエステのフェイシャル

2016/12/01

実年齢が出ると言われている目元ですが、目の下のたるみを解消するメフェイシャルニューのあるエステがあります。

実はフェイシャルエステをしているサロンでも、目元を避けて施術いるところが多いのですが、目元ケアもメニューに取り入れているサロンにはどんな施術方法があるのか見ていきましょう。

目元が明るくなって若々しくなれるフェイシャルエステ方法を紹介します。

エステの目元ケアにはどのような施術があるのか

目の下のたるみが気になり、エステへ足を運ぶ方もいます。

目の下、目元というのは皮膚が薄く非常にデリケートな部分なので、フェイシャルエステでも避けて施術する場合もあります。

しかし、今では目の下のたるみ等の悩みに答えるために、目元ケアの施術があるエステも多くあります。

エステではどのような施術方法で目の下のたるみを解消できるのか見てみましょう。

フォトフェイシャル

目の下にたるみに効く方法には、フォトフェイシャルがあります。優しい光を使用したエイジングケアができる施術方法です。

光を当てることで新陳代謝がよくなりコラーゲン生成も活発になります。これによりハリを取り戻すので、目の下のたるみ解消効果があります。

エステでフォトフェイシャルを受けると輪ゴムではじかれるような痛みはありますが、強いものではありません。また、光を用いた方法なので、目の下付近をしているときは目をとじていてもまぶしく感じます。

施術後にすぐメイクができるので、会社帰りや週末にエステに行っても問題ありません。

電気穿孔法

目の下のたるみに効果がある方法で、電気穿孔法という針を使わずにコラーゲンを注入していく施術をしているエステもあります。

コラーゲン注入というと針を使うイメージですが、針を使わない方法でも目の下のたるみを改善することができます。

この方法はお肌に小さな孔を開けて、そこからコラーゲンを入れていきます。コラーゲン減少によって目の下のたるみができてしまった場合でも、この方法で目の下のハリ、たるみが復活します。

エステで行うこの方法は、痛み、腫れ、出血がないのは優れた点ですが、効果は数週間~数カ月しかありません。目の下のたるみが気になりだしたら定期的にエステに足を運ぶ必要があります。

ツボむくみマッサージ

目元のツボむくみマッサージを行っているエステもあります。目を温めてから、ツボをおして目の下や周りのリンパの流れをよくしてくれます。

目の下のたるみのみではなく、眼精疲労解消、目ヂカラUP、むくみ解消、頭痛、歯痛、鼻づまり、風邪の予防、花粉症にも効果があります。

頻繁に行うことで目の下のたるみ解消へとつながります。

自分で行うこともできますが、むやみに行ってもたるみ解消には意なりません。しっかりとツボを把握する必要があるので、エステで行った方が安心ですね。

ラジオ波ドレナージュ

ラジオ波ドレナージュを取り入れているエステもあります。

ラジオ波ドレナージュとは、肌の中から熱を発生させて、温熱効果により血行促進やリンパの流れをよくします。これにより目の下のたるみが解消します。

熱を使うので痛みが心配ですが、エステの機械はお肌に触れる面には冷却機能がついているので火傷や痛みの心配もありません。

デメリットは、2週間に1度5~8回ほどのエステでの施術が必要です。頻繁にエステに通う必要あるので忙しい方には不向きですね。

エステには上記以外にも目の下のたるみを解消するメニューがあります。エステで目の下のたるみケアを行うと、プロの手で施してくれるので安心感があります。

今は目元ケア専門エステもあるので、たるみのケアがしっかりできますね。

自分にあったエステを見つけて目の下のたるみを解消していきましょう。

このページのまとめ

目の下たるみを解消するエステの施術まとめ

エステではこのように様々な方法で目の下のたるみケアをしてもらえます。もちろん施術方法によりメリット、デメリットはあるので、自分自身にあった方法で目元ケアをしていきましょう。

自宅で行うのとは違いプロによるケアなので良い効果がえられることでしょう。目元にお悩みのある方、是非一度エステに足を運んでみてはいかがでしょうか?

お試し価格でできるところや無料カウンセリングをおこなっているところもあります。

-エステ

アイキララ お試しはこちら(ovl)